YAHOOショップ売上アップの鍵は、アプリ対策でおこなっておくべき3つのこと

販売の研究をするのが好きなデザイナー村上です。

YAHOOショップでお悩みの皆様。

ここ最近ずっと、YAHOOショップがYAHOOショップアプリから買うことをおすすめしているのをご存知でしょうか?

そして、そのアプリでは、自社ショップからの購入が結構阻まれていることをご存知でしょうか?

 

YAHOOショップのやり方は、なんとなく、amazonに近い気がします。

一つの店から複数購入よりも、YAHOOショップ全体から複数の購入を促しているように見えます。

 

YAHOOは店長視点ではなく、お客様視点で販売をしようとしている。。。

YAHOO店長からしたら、不利な点が多いと言えます。

 

文句を言ってもしかたないので、YAHOOの対策を研究しましょうね。

 

YAHOOショップアプリ、もちろんダウンロードしているよね?

YAHOOショップが、スマホ版のトップページとアプリ版のトップページが違うことはご存知でしょうか?

もしダウンロードしていなかったら、今すぐダウンロードが必要です!見比べて「おおおおおーーーー!!!!」となること間違いなしです。

 

まずはおこなっておくべき、YAHOOショップアプリの対策を書いておきます!

 

1、検索でショップ名がひっかからない

実はうちもそうですが、ショップ名がローマ字だと検索にかかりません。

ショップ名のカタカナをタイトルに入れるまたは、ショップ名自体を変更してしまうことをおすすめします。

 

2、アプリ用のトップページを確認して内容を追加する

通常のスマホブラウザ検索画面はこちら(検索がちょっと崩れてますが)

 

続いてアプリ用のストアがこちら

 

弊社の場合は、上が、トリプルを使ったぺージです。下は付属のシステムの管理画面から操作するページが表示されています。

というわけでトップページ対策ではここの部分しか自分たちで触ることができません。

ここを編集するには、トップページの編集のスマホぺージのところへしっかり入れておきます。

 

3.商品ぺージの商品説明下が肝心

アプリの商品ぺージはスマホの商品ぺージに比べて、全くといって自社ショップを動き回ることができません。

他のショップの関連商品ばかり目につきます。

ここで必要なのは、商品ぺージ下のバナーです。

通常、ランディングぺージなどでは、これでオッケーなのですが、普通の購入者の心理を考えると、関連商品があった場合、比べたいと思うのではないでしょうか?

ということで、このボタンの前に自社ショップの関連商品であったり、バナーであったりを配置するのが良いと思います。

弊社の場合は、バナーを入れています。

ショップにより、内容は変えて考えると良いかと思います。

 

スマホ対策はアプリも含めて考える

YAHOOは楽天と違って、なかなか面倒なシステムだな、、、と思っています。

YAHOOのトップページのトリプルの使い方も少し改めたほうがいいかもしれません。

 

また、通常、スマホのバナーなどは320px〜380pxで考えるところが多いのですが、YAHOOショップだと、640pxを推奨しています。

若干大きめですが、推奨するサイズの方が、いろいろと都合が良いんでしょうね(タブレット?)

その辺も気にしながら、構築していきたいですね。

 

お客様視線で考えると、スマホの使い勝手を考える方が、なにかと都合が良いと思います。

アプリを見ていなかった人は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

売れるホームページ制作のプロコンサルティング、デザイナー 村上智子です。 WEBデザイナー歴10年、ネットショップ経営歴 8年 心理学、経済行動学などが好きです。 トップページを変えるだけで3ヶ月で10倍の売上を作ったり 月商4000万円のネットショップを立ち上げからお世話しています。 詳しくはこちらから