お金がついてくるマインド、そうでないマインドの違い

仕事を始めると、少しくらいは、お金の勉強をすると思いますが、あなたのお金のマインドは大丈夫ですか?

 

私の場合は、散々なお金のマインドを数年間持ち続けていたと思います。

手にしても手にしてもどんどん消えていくお金。

一瞬でなくなってしまうどころか、たくさんの収入があるのに、マイナスになる。

何故なのか?

私の場合それは数年の教養や知識、マインド改善することができました。

あなたはできていますか?

 

お金や人間関係には原因と結果の法則、(または因果の関係)が根強く働いています。

ここに一本の木があるとします。

木には果実が実ります。多くの人たちが果実(結果)を見て「数少ない、味が良くない」と不満を感じたとします。

この果実の出来を左右した原因はなんなのでしょうか?水でしょうか?肥料でしょうか?

実は原因はその木の「種」と根っこにありました。植物のほとんどは、種や根っこが重要だと言われています。

この話から何を言いたいかというと、地上にある果実を作り出しているのは、目に見えない「根っこ」だということです。

目に見えない原因が目に見える結果を生み出しています。

もし果実をの出来具合を改良したければ、地下にある根っこに手を入れなければなりません。

「目に見えない世界」を変えなければ「目に見える世界」は変わらないのです。

私の経験では、この世には目に見えない要素のほうが目に見える要素より強力な力があると感じています。

 

潜在意識の中につくられているお金のプログラミング

家庭環境を見ると、その人の人生が今後どうなるかは、多くの専門家が予測できる世の中になりました。

過去からお金を見て、裕福に育ってきた家計の子供は、ほどなくを得て同じような人生をたどる傾向にあります。

ところが、いつも借金があり、夫婦喧嘩が絶えない家計の子供は、自らも同じような人生をたどる傾向にあります。

 

カエルの子はカエルと言いますが、またさにそのような感じで、これは子供の頃からできた、親のプログラミングを受け注ぐというものです。

親と自分が違う仕事をしていても、無意識に父親と同じような収入パターン、感情パターンに陥る人は多くいます。

けれど、もちろん、それを変えていける人もいます。そういう人は、無意識の自分のパターンに気がつき、プログラミングを書き換えた人だけです。

貧しい家庭の出身者は「出世してお金持ちになりたい」などの強い願望があるものです。

しかし、彼らがどんなに一生懸命働いて金持ちになったとしてもなかなか幸せになれません。

なぜなら、お金持ちになりたいという動機が、「怒り」と「恨み」からきているからです。

心の中で「お金イコール怒り」というプログラミンがあれば、お金持ちになればなるほど、怒りが募ります。

 

そのうち、お金がなくなる恐怖が芽生え、「こんな感情になるのは、お金が悪い!イライラせずに幸せに暮らしたい」という無意識の心の声が、お金を浪費、下手な投資、金のかかる離婚など、心の声にしたがって引き寄せます。無意識のうちに悪の根源であるお金を処分してしまうのです。

しかし、この原因は、お金にあるのではなく、過去の両親たちに抱いていた怒りであったりします。

根本的な原因は「根っこ」の部分にあります。だからどんなにお金を稼いでも、この部分を解決しないと決してこころから裕福になれないのです。

 

マインド形成に必要なもの

自分の周りに起こりうる、悩みの全ての原因は自分にあると考えることが必要です。

問題は自分の外側におこっていても、解決方法は自分の中にしかないからです。

 

たとえば、経営者は全ての責任が自分にあります。

部下がどんなミスをしても、どんな事件をおこしても、会社での責任は全て自分が取らなくてはなりません。

元をたどれば、自分が人選し、自分が雇った部下です。相手がどんな根本的な人格を持っていたとしても、自分が被害者だと思っている経営者ほど無能な人はいません。無能な自分を正当化していても、状況は変わらないのです。

結局何にでも原因は自分にあります。あの人のせいで、お金が入らない!なんて被害者意識を持ったお金持ちを見つけるのは難しいことでしょう。

自分が外側に向けている不の気持ちがあれば、それは自分の持っている、悪い根っこであることに気がつかなくてはなりません。

 

行動力なくしてお金持ちにはなれない

思考から感情が生まれる。
感情から行動が生まれる。
行動から結果が生まれる。

目標達成には必ずこの言葉がワンセットになります。

まずは正しい思考を持つこと。後ろ向きな思考は、全てひがみだと知ること。

そして、その感情を言葉で発散するのではなく、早めに行動に移しましょう。

重い重い腰をあなたが上げようとしている間に、多くの人がお金を手にしていきます。

 

ネガティブなお金の話をする人ほど、事務的な作業をくりかえし、セールスとは程遠い仕事をしているものです。通常会社の事務員というのは一番お給料が安く、営業マンというのは一番の稼ぎ手であると思いますが、お金を生み出さない人に、お金を与えたりできないのは世の常なのです。

あなたは、自分の一番のセールスマンです。

自分の売り込み長けていなければなりません。

 

お金を稼ぐことは、一生のことか?一時的なことか?

お金を稼ぐためには、一生懸命働かなければならない。そのためにたくさんの努力も必要です。

けれど、私の知る限りでは

お金に縁のない人は「一生のこと」お金持ちの人には「一時的なこと」です。

自分が有効な働きをすればするほど、自分自身は働かなくてもよくなってくるのです。

あなたの周りにもそうやって生きている人が何人かはいるはずです。

 

今の行動は種となります。やがてどんな実をつけても、それはあなた次第。

マインド形成のためには、お金や心理に対する学びを深め、それに順応して自分を変えていくことです。

問題は自分の内側にしかない!毎日こう考えるだけでもきっと変わっていきますからね。

時間を大切にして、今を取り組んでみてはいかがですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

売れるホームページ制作のプロコンサルティング、デザイナー 村上智子です。

WEBデザイナー歴10年、ネットショップ経営歴 8年
心理学、経済行動学などが好きです。

トップページを変えるだけで3ヶ月で10倍の売上を作ったり
月商4000万円のネットショップを立ち上げからお世話しています。

詳しくはこちらから