CSVの空白削除(改行削除)の方法(Liber office)

リバーオフィスは、エクセルなどより、圧倒的に大量データーを処理できるので、とても重宝していますが、置き換えの際には、必ずその置き換えしたい部分に空白が存在していてはいけません。

例えば

変換前
<td>
<img src=”https://shopping.c.yimg.jp/lib/kodakara/smp_i_banner_01.gif” width=”100%”></td>
</tr>

変換後
<br><img src=”https://shopping.c.yimg.jp/lib/kodakara/smp_i_banner_02.gif” width=”100%”>

に変更したい時は変換前のテキストは
<td><img src=”https://shopping.c.yimg.jp/lib/kodakara/smp_i_banner_01.gif” width=”100%”></td></tr>

このような一文にしておかないといけません。改行などは置き換えの対象にはいらないのです。

 

となると、CSV上で空白や改行を一括削除する必要があります。

この場合、

まず置き換えしたい列を選択
編集>検索と置換
検索する文字列→\n
置換後の文字列→(空白のまま)
他のオプション→「正規表現」にチェック

こういう感じになります。

置き換えをしたい方は参考にどうぞー

ABOUTこの記事をかいた人

売れるホームページ制作のプロコンサルティング、デザイナー 村上智子です。 WEBデザイナー歴10年、ネットショップ経営歴 8年 心理学、経済行動学などが好きです。 トップページを変えるだけで3ヶ月で10倍の売上を作ったり 月商4000万円のネットショップを立ち上げからお世話しています。 詳しくはこちらから